白髪染めによって引き起こる経皮毒性とは?

白髪染めによって引き起こる経皮毒性とは?

皮膚がかゆい

経皮毒性というのは身体の皮膚に付いた毒性のある成分が身体の皮膚を通って血液に入るということを言います。

 

皮膚から化学物質が入るというわけがないと言う話も聞きますが実際にこの話は存在します。

 

 

 

 

皮膚から化学物質が入る事例

アトピーの外的原因

アトピーの原因の1つに、身体にとって危険なものが入ってきていると判断して皮膚が炎症を起こすというものがあります。

 

ニコチンパッチ

病院でも禁煙グッズで配られるニコチンパッチは、タバコを吸わないようにしてニコチンを皮膚から体内に吸収し、まずはタバコを吸うというクセを治すために作られている貼り付け型の医薬品です。

 

 

これらの通り、皮膚から成分を吸収するということは実際に存在しているし当たり前のように医療でも使われています。

 

 

 

ヘアカラー・白髪染めの成分は経皮毒性があるの?

 

毛染め中

実際に吸収を完全にされているということを言えば嘘になるでしょうし、まったく吸収されていないと言えばこれも嘘になります。

 

どのぐらい吸収されているのか?というのは個人差もあるでしょうからわかりませんが、少量でも多量でも皮膚に白髪染めの毒性が吸収されているのは間違いないと考えられます。

 

 

皮膚を通って血液に流れた白髪染めの毒性の成分は全身を回るので、お腹の赤ちゃんへも白髪染めの成分が流れていく可能性は否定出来ません。

 

妊娠中の女性が市販の白髪染めを気軽に行うというのはお腹の赤ちゃんのことを考えると安全性を考えた白髪染めを使用するほうが賢明だと言えます。

 

 

妊娠中にも使って大丈夫な白髪染め一覧

 

レフィーネヘッドスパ

利尻ヘアカラートリートメント