白髪染めをして頭皮が痛いのはなぜ?

白髪染めをして頭皮が痛いのはなぜ?

頭痛

なぜ、頭皮が痛くなるのか?というと簡単にいえば身体にとっていいものではないから。

 

例えば、怪我をした時には身体が信号を出して「痛い」という痛覚を人間に教えてくれます。

 

 

 

それがあるから、

 

『それ以上やったら危険!』

 

『怪我した場所を修復するので刺激しないで下さい。』

 

ということを教えてくれるから私達は怪我をしても修復できるし、危ないということもわかります。

 

 

つまりは、白髪染めをして頭皮が痛いのは白髪染めに入っている化学薬品が頭皮に刺激を与えているからということです。

 

 

 

もし、痛みというのがなければ怪我をしてもそのままだし、骨折したとしても痛いからと言う理由で治すということはないでしょう。

 

痛みは私達が安全に生活していくために必要な信号なのです。

 

髪の毛には神経が無いので痛覚はありませんが、白髪染めをして髪が痛むのは頭皮と同じ事が起こっていると考えられます。

 

 

 

頭皮や髪にダメージがあるとどうなるか?

 

 

現在わかっている範囲で頭皮にダメージがある白髪染めやオシャレ染めを長年やっていると、薄毛の原因になったり、髪の毛が細くなるということはわかっています。

 

 

白髪染め

頭皮は白髪染めの化学薬品によって刺激されるとこれ以上体内に入らないようにと頭皮の皮膚を硬くしようとします。少しでも毒性のものが体内に入らないようにガードをするということです。

 

しかし、そうなると髪は毛根から生えているので皮膚が硬くなると髪は生えにくくなるし毛穴からも白髪染めの化学薬品が入るので毛穴を小さくしようともしているのです。

 

毛穴が小さくなったり、皮膚が硬くなると髪が生えにくくなるので薄毛になったり髪が細くなるというわけです。

 

 

 

 

妊娠中にも使って大丈夫な白髪染め一覧

 

レフィーネヘッドスパ

利尻ヘアカラートリートメント