白髪染めの死亡事故

白髪染めの死亡事故

あまり知られていないですが白髪染めを使って死亡してしまったという死亡事故は実際に存在してます。

 

公式で発表されている白髪染めを使った死亡事故でこういうものがあります。

 


染毛剤の影響によると思われる喘息の発作で死亡したと認められる事故がありました。

 

死亡したのは長崎県に住む54歳の女性。

 

29歳の時からアトピー型のアレルギーで、染毛剤の使用後に3回程度の小さな発作を起こしていました。

 

93年8月、髪を染めている時に喘息が起き、直後に意識がなくなり昏睡状態に。

 

近くの病院に運ばれた時には心肺停止の状態で、14日目に死亡した。

 

 

第6回日本アレルギー学会春期臨時大会(94年4月)
長崎大学医学部第二内科 藤原千鶴氏 発表

 

 

 

なぜ白髪染めを使って死亡したのか?

 

アレルギー

化学薬品入りの白髪染めは人体に有害でアレルギー反応を起こすことはわかっています。

 

アレルギー反応の大きさは個人差がありますが、軽いものなら頭皮が赤くなる、痛みを感じる、痒みを感じる程度ですがアレルギー反応が高いと死に至るということもあるのです。

 

このような状態のことをアナフェラキシーと言います。

 

 

さらにアレルギーによるショックは初めて化学薬品に接触した時ではなく、使用回数が数回後ということが多いのも事実です。

 

 

スズメ蜂に1度目は刺されても大丈夫だが2度目は死んでしまうと言う話があるように、何度か化学薬品に接している内に人体の中に毒素に対抗する抗体が作られ反応するようになります。

 

今が大丈夫だからいつまでも大丈夫ということはないのです。

 

 

白髪染めのアレルギーから身を守るためには

事実ヘアカラー協会では白髪染めでもオシャレ染めでも毎回パッチテストをすることを推奨していますし、ドラックストアで購入できるような化学薬品入りの白髪染めにも、アレルギー反応を注意するために警告文が書いてあることがほとんどです。

 

 

例えば、

  • パッチテストを行う
  • 薬液が入らないようにする
  • 生理中は使わない

 

などなど、様々な注意書きがあります。

 

アレルギー反応を起こさせないためにも、書かれている注意書きにはきちんと従うようにすることが大切です。その前に大前提として、危険な物質が入った白髪染めは使わないほうがいいということはありますが。

 

 

 

もちろんこれを全て守っている人は少ないでしょうし、実際美容院でパッチテストなんていうことは全くしません。

 

これで安全といえるのか?というと疑問が残ります。

 

 

妊娠中にも使って大丈夫な白髪染め一覧

 

レフィーネヘッドスパ

利尻ヘアカラートリートメント