妊娠中に白髪が増えるのはなぜ?

妊娠中に白髪が増えるのはなぜ?

白髪が増えた女性

妊娠中に白髪が増える、妊娠中に白髪が生えてきたと言う女性は多く、それによって白髪染めをしようと考える妊婦さんもたくさんいますが

 

なぜ、白髪が妊娠中に生えてくるようになったり増えるのでしょうか?

 

 

 

白髪が増える理由

 

髪を染める原理は頭皮にあるメラノサイト細胞が髪にメラニンを着色して黒い髪にしています。

 

そのメラノサイト細胞の動きが鈍くなったり、動かなくなったりするとメラニンで着色できなくなり白髪が生えてくるということまではわかっているのですが、なぜ、このメラノサイト細胞が動かなくなったりするのか?ということまではまだ解明されてはいません。

 

つまりは、白髪になる理由は分かっていないのです。

 

しかし、これは西洋医学での話で東洋医学では白髪の関係というのはすでに昔から言われていることがあります。

 

 

東洋医学の場合白髪の原因は?

 

人体図

東洋医学の場合は髪を「血余」と言います。

 

髪の毛は人間の血液の余った血液が変化したものであると考えられているのです。

 

健康的な血液ではなくなったりすると白髪が生えてくると考えられているので、血液をキレイにする肝臓をいたわってやれば血液が綺麗になり黒い髪になるといわれているのです。

 

 

 

女性の場合、白髪になりやすいという時期があります。

 

それは、生理や妊娠や出産時期、髪の毛は血余という血液が余ったもので作られています。

 

 

 

生理や妊娠、出産で血液をそちらに使ってしまうと余った血液で作られている髪に栄養を回すことは出来ず、身体は血液を健康維持に回します。そうなると自然に血余で作られている髪は白髪になってしまうということが東洋医学の考え方になります。

 

現代医学の科学的な根拠はありませんが、東洋医学を参考にするなら肝臓をいたわってやれば改善が見込まれるのではないか?と考えられています。

 

妊娠中にも使って大丈夫な白髪染め一覧

 

レフィーネヘッドスパ

利尻ヘアカラートリートメント